私のオールドレンズはここから始まりました。最初はシルバーレンズを付けたい。綺麗なレンズにしたい。いいレンズがいいけど、どれがいいのかわからない。本を読んだり相談したりと考えあぐねた結果、手に入れたレンズ。本日は「Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ」のお話です。

sponsor

 

新宿でα7Rを手に入れた後に、その足でレンズを探しに行きました。

最初のレンズですから、調べてお店で相談して

実際にレンズを見て、綺麗なものにしようと意気込んでいました。

そしてかなり悩んでいたはずですが

このレンズに出会った途端にあっさりと決まりました。

「Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ」。

Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ

綺麗。そして、私は羽の美しさもこの時に知ることになりました。

何度も絞ったり開放たりして確認。

羽が10枚と多いので見ていて飽きない収まり。

サイズは小さいものの270gとずっしりとしていて

高級感があります。

60年前のレンズですが、絞りリングも心地よく

大切に使われきたことがうかがえました。

これは、大切にしないと。

さて、最初に撮りに行ったのがモデルさんの撮影。

トランペット奏者を写す機会がありましたので

何もわからないままにシャッターをたくさん切りました。

Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ

ホワイトバランスなどまだ全然わかっていませんでしたが

難しいと気構えず、とにかく沢山写していきました。

何故なら、どうしたら失敗するかもわからなかったからです。

そして、腕がなくてもある程度、綺麗に写してくれるとわかりました。

今、思うとなかなか難易度が高かかったですね。

レンズの扱いにも慣れていないのにいきなりポートレートですからね。

ただ、優しい印象に写してくれるこのレンズは

荒削りの初心者の写真すら包み込んでくれます。

Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ

Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ

少し重いですが、コンパクトなので

持ち歩きにもいいと思います。

ブラックの本体にシルバーのレンズ。最高です!

Canon 50mm f1.8 ライカ Lマウントレンズ、α7R

このレンズをお店で見かけたら

是非、レンズの綺麗さを確認して、手に入れてみてください。

お気に入りになると思います。


Posted by:suimon39

水紋のように、日々静かに広がる楽しみを味わいます。建築、本、美術館、映画、カメラ、グルメが好きです。

コメントを残す