最近、挑戦した焼きプリンの燻製が美味しかったので、その波に乗って甘いものを攻めてみることにしました。というわけで本日は「シュークリーム」編です。

sponsor

 

 

大きなシュークリームにするか小さいものにするかで

悩みましたが、燻製の面が増えるように小を選びました。

スーパーでお馴染みの「モンテール プチシュー」。

シュークリームの生地は

手にした時のからりとした水気の無さが

燻製に向いているような気がしましたが

中身のクリームが出てきたら一巻の終わりであることは

予想がつきました。

時間や温度がポイントとなりそうです。

まず、クッキングシートに半分を離して並べます。

(半分にした理由はあくまで失敗前提で

もう一度調整で出来るようにしたまでです。)

サクラチップを一掴み

弱火と中火の中間くらいで煙が出たら、

弱火に切り替えて7分燻しました。

ここで寝かせてしまうとしんなりとする

可能性があるので

すぐに蓋を開けます。

1つだけクリームが出てしまいました。

その他は、持った感じで

しっかりと燻製されていることが確認できました。

美味しかったらもう半分もやってみようと

思いながら

何に入れるかで悩みました。

シュークリームは均等に並べても

その姿は可愛らしいかもしれないですが

今回、少しふっくらとした丸みは消えてしまっていたので

何かいい容れ物はないかと思案した結果

星の王子さまのグラスに決定。

私にしては珍しく柄入りです。

グラスにシュークリームって

少し意外ですが愛らしさは増しますので

お気に入りのものでお試しください。

さて、肝心の味はといいますと。

驚くほど美味しいわけです。

シュークリームの下の平らな部分が

カリッとまではいかないのですが

似た感じの香ばしさになっていて

燻製の香りも勿論合いましたが

食感がたまりませんでした。

言うまでもなく、もう半分を同じ時間で燻しました。

これはすぐにでもリピートしたい味です。

甘いものの燻製はアリという認識に変わってきました。

是非、一度お試しください。


Posted by:suimon39

水紋のように、日々静かに広がる楽しみを味わいます。建築、本、美術館、映画、カメラ、グルメが好きです。

コメントを残す