たまに食べたくなる「プリングルス サワークリーム&オニオン」。既に、完成された味ですが、燻してみました。というわけで、本日は「ポテトチップス」編です。

sponsor

 

既に、美味しいです。

私はサワークリーム&オニオン味が昔から好きなのですが、

最近食べた「ハラペーニョ&オニオン」も辛さがあと引く味でした。

まずは、お好みのポテトチップスを用意。

サクラチップを一掴みで

中火で煙が出たら、弱火に切り替えて約8分燻します。

ここからがいつもと違うのですが

燻製器の中で寝かせてしまうと

当然ながら蒸気でポテトチップスが湿気ってしまいます。

ですので、蓋を開けてしまいます。

思った以上に茶色く色付いていたので期待値は上がりました。

さて、一枚。

うーん。美味しいです。

いつもなら、重ねて食べてしまったりすることもあり

味わっているとは言い難い食べ方もするのですが

これは一枚一枚、味わいながら食べたくなります。

何故か、燻製すると

大概が自然とゆっくり食べることが出来るのです。

味わいたいという気持ちが働くからなのか

少しの量でも芳ばしさが口に広がることを知っているからなのか

早食いはしないですね。

ポテトチップスの袋やプリングルスであれば蓋を開けて

すぐに口に運ぶわけではなく

燻製という一工程加わった上に

お皿に盛っていることが大きな要因かもしれません。

よくよく考えたら、居酒屋さんのエビセンも

摘んではお酒を飲み

しばらくゆっくりという感じがあります。

袋から出すエビセンとは違いますよね。

是非、燻してお皿に乗せるポテトチップを味わってみてください。

おすすめです。


Posted by:suimon39

水紋のように、日々静かに広がる楽しみを味わいます。建築、本、美術館、映画、カメラ、グルメが好きです。

コメントを残す